--> 【2000万以上のみ】トップAV男優の年収ランキングBEST7 | STERON

【2000万以上のみ】トップAV男優の年収ランキングBEST7

公開日:2021/09/06
更新日:2021/09/24

金持ち

第一線で活躍するAV男優の年収って、どのくらいか知っていますか?
トップ男優になれるのは一握りの選ばれし者のみ。
努力の積み重ねと持ち前のカリスマ性でのし上がった彼らは、それ相応の対価が貰えるのです。
今回は、トップAV男優の年収をランキング形式でご紹介します!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

AV男優の年収はどのくらい?

AV男優にはヒエラルキーがあり、稼げる年収はピンキリ。

1現場当たりのギャラがおおよそ決まっており、男優としてのランクによって稼げる年収は大きく変わります。

  • トップ男優:50,000円〜70,000円
  • 印紙男優:30,000円〜50,000円
  • 男優:15,000円〜20,000円
  • フェラ男優:10,000円〜15,000円
  • 汁男優:3,000円〜5,000円

トップクラスであれば年間で100本以上のオファーがあるので年収1,000万以上を稼ぐことができますが、トップまで辿り着ける男優はほんの一握り。

実際、男優として安定的に稼げているのは70名程と言われているので、かなり厳しい世界であることが分かります。

女優との絡みがない汁男優の中にも「汁エース・上汁・中汁・下汁」とヒエラルキーがあり、ひと昔前だとうまい棒や飴などの現物支給もありました。

このように、AV男優は一握りのトップまで上り詰めれば高収入が得られますが、ほとんどは稼ぐことができない厳しい職業と言えます。

そんな中、年収2000万を叩き出す一部のスター男優たちは一体どれほど稼ぎ出しているのでしょうか?

 

推定年収の高いAV男優ランキングTOP7

ここからは、推定年収が高い一握りのトップAV男優をランキング形式でご紹介します。

男優としての稼ぎはもちろん、その他の活動も考慮して年収をみてきましょう!

 

7位.沢木和也

https://twitter.com/kagurazakabunji/status/1345279742900011011

沢木和也(さわき かずや)さんは1988年にデビューした伝説のAV男優です。

「ナンパの帝王」の異名を持ち、男優としては珍しい自身の名前を冠した作品を数多くリリース。

総出演本数は驚異の10,000本以上を誇ります。1980年代のAV創成期から活躍し、業界を最前線で支え続けてきたレジェンド男優です。

沢木和也さんは全盛期の頃の年収について、2,000万円程度だったことを自身のnoteで明かしています。

俺の全盛期の頃の年収って2,000万円くらいあったんだけど、確定申告だけは毎年キッチリやっていた。俺には外車と家を買うっていう目標があったから、その辺はマジメにやると決めていたんだよ。(引用元:AV男優とお金の話|沢木和也(さわき かずや)|note

ちなみに、全盛期の1日分のギャラは6万円。1日6万円はAV男優としてのギャラでは最上級のランクに位置しています。

沢木和也さんはデビューから2年で最高ランクに到達。出演本数を考慮すると、少なく見積もっても毎年1,000万円以上の収入があったと推測できます。

今では人気ジャンルとして定着した「素人ナンパ企画」を生み出した沢木和也さん。創成期を支えて牽引し続けてきた伝説のAV男優として、当時の業界ではトップクラスの年収を誇っていました。

 

6位.沢井亮

https://twitter.com/fs0Ve7zI94lBZjH/status/1350873284166918145

※画像右

沢井亮(さわい りょう)さんは、5,000本以上の作品に出演して業界を支えてきたAV男優です。

甘いルックスと業界屈指の巨根を武器に数多くの作品に出演。メディアに出演したことにより知名度が上がり、引退後はホストとしても活躍していました。

沢井亮さんはAV男優時代のギャラについて、1現場5万円、月に30〜40のAVに出演し、最高月収は200万〜300万だったと自身のYouTubeで発言。

  • 最高月収4ヶ月分:200万×4ヶ月=800万円
  • その他8ヶ月分:30現場×5万円×8ヶ月=1,200万円

上記を考慮すると、沢井亮さんの男優時代の最高年収は、少なく見積もっても2,000万円程度だったと推測できます。

ちなみに、AV男優引退後のホスト時代の最高月収も200万円。どちらの世界でも沢井亮さんの人気ぶりが伺える金額です。

メディア出演で知名度が上がり、高単価でもオファーが掛かるようになったと語る沢井亮さん。AV男優は実力はもちろん、知名度も大きく年収に関わる世界だと分かりますね。

 

5位.森林原人

https://twitter.com/AVmoribayashi/status/979639043485966336

森林 原人(もりばやし げんじん)さんは、1999年にデビューしたレジェンドAV男優です。

20歳でAVデビューして以降、ジャンル問わず数々の作品に出演。経験人数10,000人以上を誇り、現役AV男優としてトップクラスの人気・実力を持っています。

森林原人さんはバラエティ番組にて、男優としての最高年収が2,000万円だったと発言。

高学歴のセクシー男優である森林は、最多で一日3現場を体験。拘束時間に関係なく1本5万円が撮影のギャランティーで「MAX年収は2000万円」と、気になる金銭事情を明かした。(引用元:テレビドガッチ

男優以外にも精力系サプリの広告や書籍発売などの活動もしているので、その他の収入を考慮するとMAXは2500万〜3000万程度と推定できます。

撮影に耐えるための身体づくり、徹底した食生活、テクニック向上など、毎日の努力でトップ男優へと上り詰めた森林原人さん。

2,000万以上の高収入は、長年業界を牽引し続けてきた努力の証明と言えますね。

 

4位.平本一穂

https://twitter.com/butatongpoo/status/491026885069926400

※画像左

平本一穂(ひらもと かずほ)さんは、1986年〜2011年まで活躍したレジェンドAV男優です。

20歳から業界に飛び込み、引退するまでの25年間で7,000本以上の作品に出演。

後輩男優からは「兄貴」と慕われ、AV男優としてだけでなく、AVメーカーの経営や引退後に監督としても活躍の幅を広げています。

そんな平本一穂さんは、AV男優にスポットを当てた書籍『「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実 』にて、自身の男優としての最高年収が2,000万円だったことを明かしました。

平本一穂さんは、全盛期にはAVメーカーやカラオケパブも経営。男優としての年収2,000万円に加えて経営者としての収入を考慮すると、MAXは2,500万円〜3,000万円程度と推定することができます。

男優として一時代を築き、現在も監督や実業家としてAV業界に携わっている平本一穂さん。

MAX2,000万円以上の年収は、彼がAVにひたむきに向き合って努力し続けてきた結果といえますね。

 

3位.加藤鷹

https://twitter.com/1103xtakahiro/status/1433202641522339840

加藤鷹(かとう たか)さんは、1988年〜2013年の間に活躍した伝説のトップAV男優です。

引退するまでの総出演本数は驚異の1万5000本以上。現役当時、圧倒的なテクニックとカリスマ性で男優として日本一の知名度を誇りました。

今では当たり前になった「潮吹きジャンル」を確立。「ゴールドフィンガー」と呼ばれる秘技を持っていることでも有名です。

そんな一時代を築いた加藤鷹さんの男優としての過去最高年収は2500万円。1現場当たりのギャラは男優として頭打ちである7万円であり、デビューからの26年間で3億円ものお金を稼いだと語っています。

また、加藤鷹さんは男優以外にも、

  • ペニス増大サプリメントのイメージキャラクター
  • ローションやコンドームなどのプロデュース商品
  • 自身の知識や経験をまとめた書籍販売

など、数多くの活動を行っていたことを考慮すると、少なく見積もってもMAXで4,000万円程度は稼いでいたと推測できます。

AV以外にバラエティ番組やドラマに出演したこともあるので、あるいはそれ以上かも。

ちなみに、当時稼いでいたお金のほとんどが高級外車に消えていたそう…。

最盛期には年間で380本以上のAVに出演していた加藤鷹さん。業界のトップに君臨し続けた伝説の男優にふさわしい年収といえますね。

 

2位.田淵正浩

https://twitter.com/tabu313/status/1415173003546034179

田渕正浩(たぶち まさひろ)さんは、1990年から30年以上AV業界で活躍し続けている超ベテラン男優です。

2021年現在までの総出演本数は10,000本、経験人数は9,000人以上。AV業界屈指の健康マニアとしても有名であり、近年では性と健康に関するセミナーを多数開催して活躍の幅を広げています。

田渕正浩さんの1現場当たりのギャラは6万円で、全盛期は月に60現場をこなしていたとバラエティ番組で発言していることから、男優としての最高年収は単純計算すると4,320万円。

男優以外で精力剤サプリメントのプロデュースなども行っていることを考慮すると、全盛期で5,000万程度の年収があったと推測できます。

5,000万円は歴代のAV男優の中でもトップクラスの年収。田渕正浩さんはデビューから5年目で1現場当たりのギャラが6万円になったことから、以降の25年間はかなりの高収入を得ていたことが予想できます。

さすが50歳を超えても現役で活躍し続ける超ベテラン男優ですね。今後の活躍にもまだまだ期待できるので、もしかしたら最高年収を更新する日が来るかもしれません。

 

1位.しみけん

https://twitter.com/DJ_KYO_HEY/status/1434856441660067844

しみけんさんは、実力・人気・知名度共に業界の中でトップクラスに位置するレジェンドAV男優です。

18歳でAVの世界に飛び込み、総出演本数と経験人数は共に10,000本/人超え。2015年には「抱かれたいAV男優賞」を受賞しており、男性のみならず女性からも絶大な指示を得ています。

しみけんさんはYouTubeのインタビューで自身の年収について「『オカモトゼロワン0.01ミリ』30万個分」と発言。

「オカモトゼロワン」はAmaoznで1箱660円であることから、単純計算するとMAX年収は、660円×30万=2億円程度と推測することができます。

一見夢のような数値ですが、実は全く信憑性のないものとも言い切れないのです

しみけんさんの1現場当たりのギャラは5万5000円。全盛期には年間500〜600本に出演していたと発言しているので、男優としてのギャラは約3000万です。

これだけでもかなりの金額ですが、しみけんさんは他にも、

  • 講演会
  • 著作物の印税
  • 精力サプリやアダルトグッズなどのプロデュース
  • 日本、韓国を中心としたメディア出演

など、数多くの収入源があります。

そしてある番組内でAV男優としての稼ぎは全体の2割程度と発言。男優のギャラと当てはめて計算すると、1億5000万ほどになるんです!

このデータから考えるとおそらく億越えは確実で、より稼いでいるとしたらコンドームの話で出た通り1億5000万〜2億程度なのでしょう!

日々の食事・筋トレ・睡眠による肉体の維持はもちろん、性に対する探究心やテクニックの研磨、男優として得た知識のアプトプットなど、しみけんさんが毎日行ってきた努力の全てが億単位の年収へと繋がっているのです。

 

AV男優の年収はピンキリだがトップはさすがの数字

本記事では、推定年収が高いAV男優をご紹介しました。

本記事でご紹介してきた男優の推定年収は全て2,000万円以上。金額だけ聞くと羨ましく感じますが、AV男優で稼げるのはほんの一握りであり、ほとんどが収入を得ることができない厳しい世界です。

1発数千円の汁男優から上がっていき、女優との絡みができる男優になってようやくスタートライン。

2,000万以上の高収入を得ている人は、厳しい業界の中で生き残るために努力し続けてきた選ばれし男優達と言えます。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※本記事内掲載のTwitter等SNS投稿の削除依頼はコチラよりメールでお願いします。3営業日以内に対応いたします。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事