--> 【男女別】変わった初体験エピソードを告白した芸能人20名 | STERON

【男女別】変わった初体験エピソードを告白した芸能人20名

公開日:2021/09/20
更新日:2021/09/18

芸能人の性事情って、気になりませんか!?
テレビなどで活躍している芸能人は、やはり一般人とはどこか違う個性を持っているもの。
素敵なエピソードや苦い思い出も暴露されているんです。
今回は、変わった初体験エピソードを持つ芸能人20名をご紹介!
気になるあの人の意外な一面がわかるかも知れませんよ!

  • 記者 WRITERステロンライター
    SASA

変わった初体験エピソードを持つ芸能人20名

初体験は一生に一度。忘れられない思い出になりますよね。

とある調査では、初体験の平均年齢は男女ともにおよそ20歳との結果が出ています。

しかし芸能人ともなると、初体験も凡人とは一味違うようです。

その美貌ゆえに初体験の年齢が驚くほどはやかったり、トラウマになってしまうようなエピソードがあったり、意外な形で忘れられない思い出となった人も。

この記事では女性芸能人・男性芸能人にわけて、本人あるいは周囲が公表している変わった初体験エピソードを、こっそりご紹介しちゃいます。

 

女性芸能人編

まずは女性芸能人編。

初体験ではどちらかというと相手に身をゆだねることが多いかと思われがちですが、強烈なエピソードを持つ人もいましたよ。

さっそくチェックしてみましょう!

 

1.藤田ニコル

https://twitter.com/0220nicole/status/1234310387949961216

雑誌ポップティーンの看板モデルとしての活躍が記憶に新しい藤田ニコルさん。

お人形のような外見や「にこるんビーム」などの不思議キャラで注目を集めました。

年齢を重ねるにつれて大人っぽい女性へのシフトチェンジも器用にこなしていますよね。

実は彼女、ある取材の際に一人エッチグッズのことを「ご自愛グッズ」と堂々と言ってしまうほど、性にオープンな性格。

https://twitter.com/frau_tw/status/1331914347308871683

この性格は、お母さんの教育方針の賜物なんです。

日本では、なんとなく性の話は家族間でタブーとなっているイメージがありますよね。

しかし海外や最近の日本では、性被害防止の知識を深めるためや、性の相談を気軽に親にしてもらうために、親から子へも普通に性の話をする方針になりつつあるんです。

藤田ニコルさんの家族も同様で、母親の経験人数や藤田ニコルさんの初体験についても親子で情報共有しているんですよ。

私も初体験が終わった時は、お母さんにソッコーLINEしました。(引用:現代ビジネス

具体的な初体験の年齢や時期についてのコメントはありませんでしたが、場所は彼女の自宅

初体験が終わった後すぐに、隣の隣の部屋にいた母親にLINEで報告したと語っています。

一つ屋根の下で行為をした後にすぐに報告というのは、初体験エピソードの中でもかなり珍しいのではないでしょうか。

 

2.丸山桂里奈

https://www.j-cast.com/2021/02/05404492.html

丸山桂里奈さんは元女子サッカーの日本代表選手。

2016年に引退後はタレントに転身し、バラエティ番組に引っ張りだこの人気タレントとなっています。

ちなみにご主人はサッカー解説者の本並健治さん。お二人はまるで夫婦漫才を見ているような面白さで、よく二人でTVにも出演していますよね。

彼女の初体験は大学生、22歳の頃です。

先ほど紹介した藤田ニコルさんと同様、初体験の前は母親にきっちりと報告してから向かったとのこと。

丸山は初めて大人の男女の営みをするにあたって、母親にわざわざ「今日、行ってきます」と宣言していったのだという。(引用:エキサイトニュース

さすがにお父さんには宣言できなかったと話し、その場を爆笑の渦に巻き込みました。

丸山桂里奈さんは奔放な発言が視聴者の予想をいい意味で裏切るのが最大の武器。

そんな一面もあり、彼女の性のエピソードは、テレビでは聞かれてもないのにいろいろ暴露されています。

他にも「35歳で経験人数は8名」や「自分のHが飽きられた瞬間」についても語っていて、今後も暴露トークがされる可能性は芸能界の中でも随一でしょう。

 

3.鈴木奈々

https://twitter.com/suzukinana_7/status/795639777810751488?lang=mr

鈴木奈々さんはpopteenの看板モデルとして大活躍していました。

その後はタレントとしてテレビ番組にも出演。

天真爛漫なキャラクターと、歯に衣着せぬ発言で多くの人からの注目をあつめてきました。

鈴木奈々さんの初体験エピソードとして有名なのが、初体験の年齢が驚くほど早かったというもの。

ある番組でMCのおぎやはぎに話を振られ、16歳の頃にすでに脱処女をしていたことを明かしました。

「奈々ちゃんが、18の時は?」と話を振り、これに鈴木は「18の時? 処女じゃない!」と即答。

すかさず大久保が「じゃあ、16の時は?」と聞くと、「処女じゃない!」と再び大声で答え、おぎやはぎの2人が「でも田舎(出身)だから。茨城県は早い」と、鈴木の発言にコメントする一幕も。(引用:ライブドアニュース

世間では処女のまま20歳を迎えることを「ヤラはた(やらずに二十歳)」と称する言い方もあります。

そう考えると、16歳ですでに初体験を済ませているのは非常に早いのではないでしょうか。

ちなみに彼女の出身は茨城県。田舎は娯楽が少ないことや、子だくさんの親が性に対して容認なことから初体験が早めという説も。

鈴木奈々さんは田舎の高嶺の花的な存在で、引く手あまただったのかもしれませんね。

 

4.田中道子

https://twitter.com/tanaka_michiko_

モデルや女優として活躍を続けている田中道子さん。

デビュー前には、ミス・ユニバース・ジャパン2011で3位入賞するほどの美貌が魅力的ですよね。

クールな外見が魅力の田中道子さんは、ネットゲームで知り合った相手が初体験の相手だったそうです。

キリっと整ったルックスで同性受けも良い田中ですが、初彼氏は意外な出会い方。何と、高校生時代にハマっていたネットゲームで知り合った男性だというのです。(引用:まいじつ

こちらのエピソードは雑誌やテレビ番組でもたびたび披露しているので、聞いたことがある方も多いはず。

しかも顔を見たことがないまま会うことになったものの、実際に現れたのは海外モデルのようなキリっとしたイケメンでした。

お互いに惹かれ合った二人はそのまま交際を開始し、初体験となったそうです。

フリーアナウンサーの田中みな実さんは思わず「そんなドラマみたいなことがあるの!?」と驚きのリアクションを見せました。

 

5.加藤綾子アナ

https://www.japanmusic.jp/talent/ayakokato/

2008年6月にアナウンサーとしてのデビューをした加藤綾子さん。

そして2008年10月、デビュー4か月後にして早くも初レギュラーを勝ち取るなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍を続けていました。

見る者を魅了する加藤綾子さんは、初体験の年齢や、学生時代の性経験も他の人と一味違います。

初体験が小学6年生または中学1年生の頃、当時付き合っていた中学生が相手だったとの説が濃厚です。

彼女は流出写真などから初体験は、小6もしくは中1。以来、中学で10人、高校で20人、大学で20人前後の男性経験といわれていた。(引用:ライブドアニュース

しかも大学までの期間での経験人数が50人と、性への奔放さを感じさせます。

清楚系できれいな顔立ちの加藤綾子アナは、デビュー当時からすごい人気でしたよね。

テレビで見た様子だと男女問わず素で話している様子が印象的。

その美貌と話しやすさから、来るもの拒まずで性経験を重ねていったことを想像させます。

 

6.葉山エレーヌアナ

https://twitter.com/canaty_nakajima/status/1245701153494462467

スッキリ!!やヒルナンデス!など、お昼の番組を中心に活躍していた葉山エレーヌさん。

出身地がフランスとのことで、日本人離れした目鼻立ちがくっきりしたお顔や、バスト90cmの巨乳が特徴的な元日本テレビアナウンサーです。

彼女は幼少期から大人っぽかったそうで、初体験も中学2年生の頃と早めでした。

中学2年で大学生と付き合っていたらしく、誘われるままにホテルに行きセックスした。(引用:エキサイトニュース

なんと、中2の頃の初体験の相手は大学生!

美貌とプロポーションを兼ね備えた彼女はモテモテで、男性との熱愛報道は後を絶ちません。

結婚・出産後にすぐ離婚をしてしまったことからも、世間から冷たい目を向けられることが多かった様子。

現在は日本テレビの内勤社員としてテレビ番組を支える業務についています。

 

7.大島優子

https://www.ohtapro.co.jp/talent/oshimayuko.html

元AKB48の大島優子さんは、前田敦子さんとともにAKB48総選挙のトップ争いを続け、グループ自体の知名度アップに貢献してきました。

卒業後はドラマや映画、バラエティなどで幅広く活躍を続けています。

大島優子さんの初体験は中学生時代、非常に早かったとの情報がありました。

大島優子さんの中学の先輩である元カレ(中3)が「すでに優子は経験済みだった」と語っているので、初体験の推定年齢は中1から中2ではないでしょうか。

「優子は別の先輩と経験済みだったので、少し先に進もうとしたけど、ガードが固くて断られちゃった」(引用:Gラボ

大島優子さんは17歳でAKB48デビューしているので、加入前にはすでに初体験は済ませていたということですね。

しかも彼女は中学・高校とかなりモテていたようで、イケメン先輩やコワモテ先輩など、とっかえひっかえで交際をしていたとか。

持ち前の美しさは学生時代から健在だったようです。

 

8.指原莉乃

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f2292209cbff70fb24016a77ecb8d7f4b363254

いまやテレビで見ない日はないほどの人気タレントとして活躍を続ける指原莉乃さん。

AKB48時代は内気で口数が少ないキャラクターの印象でしたが、スキャンダルによるHKT48への移籍騒動で殻を破り、現在の鋭い発言が魅力のサバサバ系キャラに転身しました。

移籍騒動の原因となったのが、彼女の初体験の相手である中学時代の元カレ

AKBグループに在籍して間もなくファンの男性とつながりを持ち、お付き合いをスタートしました。

その後もおうちデートを重ね、付き合ってからたった4か月で初体験までこぎつけたとのこと。

更にそれから4か月後にはなんと初体験まで済ましてしまったとのことです。
さすがに初体験が中学生というのは今考えても早かったのです。(引用:アナログ24時

しかしその恋も終わりが訪れ、しかも数年後の指原さんが少しずつ知名度を上げたタイミングで過去の熱愛を初体験の相手が週刊誌に暴露

有名アイドルだからこその、ちょっと苦い経験となった初体験エピソードです。

 

9.西岡葉月

https://sibadeji.net/nisiokahazuki/

西岡葉月さんは、Gカップの爆乳を持つグラビアアイドル。

劇団ひとりさんがMCを務める深夜番組「ゴッドタン」に出演していた際、とある事件で一躍知名度を上げました。

それが「乳首ポロリ事件」。胸元ががっつり開いた衣装で登場した彼女が服を直したときに、うっかり乳首がポロリとはみ出してしまったそうです。

急いで直したものの、番組的にはかなりおいしい展開。

ばっちり放送されてしまい、キャプチャ画像がネット上で出回ってしまう事態となりました。

そんな彼女の初体験はまさかのローションマットプレイ

普通はよくわからなくて固まってしまう女性が多い中、彼女は初体験から当時の彼氏の上をローションを身にまとって動き回ったとのこと。

初めてのときに西岡は「ヌルヌルのやつを使って、(彼の)上で動き回った」のだ。(引用:エキサイトニュース

Gカップの柔らかいおっぱいがローションをまとって自分の上を動き回るなんて。

しかも相手は処女。こんなに貴重な体験をした元カレをうらやむ男性は後を絶ちません。

 

10.濱松恵

https://twitter.com/enter_Select_/status/966018395828203520

「炎上女優」や「炎上クイーン」の異名を持つ濱松恵さん。

SNSやブログでいかにも敵を作りそうな発言を繰り返していて、たびたび炎上ともとれるほどの盛り上がりを見せています。

あまりに尖った発言が続くので、マスコミはもはやスルー状態

なかなか大きな話題にならないのは、記者たちが取り上げないことも原因の一つと言えます。

そんな濱松恵さんは初体験エピソードでも炎上経験あり。

テレビの特集で初体験について聞かれ、「学生時代に先輩のOさんと」とありきたりなエピソードを語ります。

「実は、高校のときに初体験をした相手も有名人だったんです」と暴露。2つ年上の“O先輩”から声をかけられ、同級生の女子と家に行った(引用:エキサイトニュース

テレビでは「O先輩」と濁したものの、その後自身のブログでO先輩の正体がV6の岡田准一さんだったと暴露して炎上。

2人の出身は堀越高校で年齢差は2歳なので、情報としてはあながち間違っていません。

ただ、硬派な印象の岡田准一さんに対する、お騒がせ女優のイメージが強い濱松恵さんの暴露。

世間からは「言ったもん勝ち」「嘘か本当か誰もわからない」とかなり冷たい反応だったそうです。

初体験エピソードすら炎上させてしまうのは、ある意味彼女の才能ですね。

 

11.ゆきぽよ

https://news.yahoo.co.jp/articles/29ee72b52629835fc7d89f598b2b594090f1f76f

きれいめギャルな見た目と、意表を突く面白い発言が魅力の、”ゆきぽよ”こと木村有希さん。

恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」への出演を機に地名度が急上昇

飾らないキャラクターを武器に、バラエティ番組などを中心に出演しています。

ユーチューバーとしても活躍しており、「ゆきぽよTV!」のチャンネル登録者数は34.6万人とこちらも大人気。

ゆきぽよさんの初体験の情報は、ゆきぽよTV!の登録者数6万人突破企画の質問コーナーで「初体験は中三の夏休み」と答えていました。

さらに別の番組では、初体験のきっかけは興味本位だったと話しています。

自分が処女卒業したときって興味本位でしてしまったんですよ。(引用:NHK

興味本位で初体験を迎えたことを後悔していると語り、「周りに振り回されて焦ってしなくてもOK」というメッセージを送っていました。

 

男性芸能人編

続いて男性芸能人編です。

女性芸能人と違って初体験から相手をリードしなければいけないこともある、「そんなこと起こる?」というエピソードも。

順に見ていきましょう。

 

1.三四郎 小宮

https://www.oricon.co.jp/news/2181443/

独特の間合いとインパクトのある外見が特徴的な三四郎の小宮さん。

活舌の悪さや怖くない逆ギレスタイルがお茶の間の笑いを呼び、数々のバラエティ番組で体を張る姿をよく見かけます。

正直なところ、あまりモテるイメージのない小宮さん。

とある番組では先輩のダウンタウン松本さんに話を振られ、20歳の時に初体験をソープで捨ててきたとあっさりと告げる場面がありました。

松本:小宮って、初体験いつやったっけ?

小宮:僕ですか?いや…いいんだけど、まぁ、ハタチの時ソープですよ。(引用:フジテレビュー!!

しかも小宮さんは別番組で、自身がEDであることも暴露

赤ひげ薬局という風俗街にある精力剤専門薬局にて、EDの治療薬を処方されていたとの情報もありました。

何かと性のお悩みが尽きなかった彼ですが、2021年4月には半同棲中の彼女とのツーショット写真がフライデーされ、現在は順風満帆な日々を送っているようです。

 

2.千原ジュニア

https://news.mynavi.jp/article/20210208-1708088/

千原ジュニアさんはお笑い芸人としてゲストと呼ばれても良し、司会として番組を回しても良し、マルチに活躍しています。

相方であり兄の千原せいじさんの誘いでNSCへ進んだジュニアさんは、自作のネタがウケたことでお笑い界で生きていくことを決心。

その後病気や事故のアクシデントで何度も生死をさまよったものの、見事に芸能界に復帰して活躍を続けています。

そんな千原ジュニアさんの初体験の相手はなんと先生。

といっても、本当に学校の先生としたわけではないそうです。

BSスカパー!の深夜番組「ダラケ!~お金を払ってでも見たいクイズ~」の中で、初体験の相手女性を「先生」と呼ぶ場面が見られました。

「小学校の担任の先生に…、自動車教習所のおっさん」と並べていった後に、「そう、初めて男にしてくれた人も先生だと思う」と話し、笑いを取った。(引用:ライブドアニュース

ちなみに同番組で、初体験の年齢は10代の頃、先生とも呼ぶお相手女性は年上のホステスさんとのこと。

女性の悦ばせ方を手取り足取り先生に教わった、忘れられない初体験となったことでしょう。

 

3.ナインティナイン岡村隆史

https://e-talentbank.co.jp/news/enta/227511/

お笑いコンビ「ナインティナイン」として活動中の岡村隆史さん。

冠番組を多数持っていたり、数々の番組の司会をこなすなど、マルチな活躍を見せています。

岡村さんといえば、女性不信でずっと独身生活を送り、50歳になってようやく結婚にこぎつけたことでも話題になりました。

実は彼、女性不信になった原因は初体験のエピソードが関係している様子。

しかも岡村さんの初体験の相手を紹介したのは、NSCの2期先輩である元・雨上がり決死隊の宮迫さんだったんですよ。

当時、21歳の岡村は女性と交際したことはあったものの、”初体験”はまだだった。それを見かねた宮迫が当時付き合っていた彼女の友人を紹介することに。(引用:エキサイトニュース

先輩である宮迫さんから紹介を受けて、21歳で無事に初体験を済ませた岡村さん。

晴れて2回目のエッチに臨もうとしたとき、相手の女性が挿入時にまくらを腰の下に入れました。

その姿を見て岡村さんは「慣れてる!不潔だ!」とショックで逃げ出してしまったとのこと。

ちょっと岡村さんがナイーブすぎるかもしれませんが、本人にとってはかなり苦い思い出となってしまったようです。

 

4.爆笑問題 田中

https://news.yahoo.co.jp/articles/594c70e88c08f9773a0c1cb371193c9a6ec56d95

ニュース番組やCM、バラエティ番組と引っ張りだこの活躍を見せる爆笑問題の田中裕二さん。

相方の太田さんの鋭く切り込んだ発言をやんわりと包み込んで笑いにかえる様は芸術的で、まさにナイスコンビといったところです。

そんな田中さんの初体験エピソードは思わぬ形で披露されることとなります。

とある深夜番組で太田さんがゲストに対して「初体験が店はダサすぎる!田中と一緒じゃん!」と、田中さんの初体験エピソードをあっさりバラす事態に。

これだけ見ると太田さんがちょっとひどいように思いますが、実は20歳過ぎても初体験がまだだった田中さんの童貞を捨てさせたのも、他でもない太田さんでした。

田中さんの風俗の費用も肩代わりし、半強制的に連れて行ったそうです。

20歳を過ぎても童貞だった田中さんを風俗に誘ったのは太田さん。太田さんは6万円近い費用を支払い、無理やり田中さんを風俗店に連れて行ったと過去に話しています。最初は嫌がっていた田中さんですが、終えた後は『いいねえ』と満足そうに言っていたそうです(引用:gooニュース

いまや女優の山口もえさんと癒し系な家庭を作り上げている田中さん。

太田さんがあの時ムリヤリにでも童貞を捨てさせたことで、男としての自信がちょっぴりついたのかもしれませんね。

 

5.城田優

https://eiga.com/person/83106/

ドラマや映画だけでなく、ミュージカルや吹き替えまでこなす城田優さん。

高身長・美声・ルックスのモテ要素を兼ね備えているものの、恋愛は意外にもうまくいかなかったそう。

告白をしても何度もふられたり、悪い女性に遊ばれてしまったりと、なかなか苦労を重ねていたようです。

イケメンだからこそ女性に「隣に並んで比較されたくない」とか「付き合いたくはないけど遊びたい」と思わせてしまったのかも。

大事にまもってきた初体験のお相手は同い年の女性で、事後には「おめでとう」と言われたと語っていました。

年齢は同い年ながら、経験人数が豊富だったという相手女性から「恋愛は頑張るもんじゃない」との金言を頂戴し、「初めての時は、優しく“おめでとう”って言われました」と赤裸々に語っている。(引用:アサジョ

イケメンでありながらそれまで女性経験に恵まれなかった彼にとって、初体験の相手の金言や初体験後の「おめでとう」は相当刺さったはず。忘れられない思い出となったことがうかがえます。

ちなみにこの初体験エピソードは誰かに言わされたわけではなく、夜のバラエティ番組で城田さん自らが突然語りだしたもの

話題のイケメン俳優からの思わぬ初体験エピソードに、SNS上がちょっとざわつく事態となりました。

 

6.オードリー 若林

https://www.oricon.co.jp/news/2205890/full/

2008年にM-1グランプリで優勝してから爆発的に人気となり、今や見ない日はないほどになったオードリーの2人。

若林さんはツッコミ役で、癖の強いボケ役の春日さんに対して鋭くも優しい口調のツッコミを入れる新しいスタイルの漫才です。

若林さんの外見は優しそうで争いごとがあまり好きじゃなさそうな印象。

しかし学生時代はアメフト部に所属していたギャップの持ち主です。

外見とは裏腹に強い気持ちの持ち主である若林さんは、初体験エピソードもインパクト強め。

なんと、初体験が車の中だったとラジオで話していました。

若林「僕、初体験がカーセッ○スなんですけどね」(引用:世界は数字でできている

しかも初体験のお相手はヤンキーだったとのこと。

車の中という狭い場所でのセックスは大変で、最終的に精液が女性の髪の毛まで飛んで行ってしまったそうです。

ラジオで赤裸々に語られた若林さんの初体験エピソードは、多くのリスナーを驚かせたことでしょう。

 

7.今田耕司

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/11/02/0012842516.shtml

深イイ話やなんでも鑑定団などの司会として知名度の高い今田耕司さん。

ツッコミは鋭いもののいじられキャラの印象が強く、子供や若い女性からいじられてもニコニコとしている優しいおじさんのイメージです。

1990年代に大流行した「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演してから知名度が爆上がり。

一緒に出演していた東野幸治さんとコンビだと思っている人も多いですが、実はコンビを組んでいたわけではないそうです。

50代半ばに差し掛かっている今田耕司さんの初体験エピソードは、ある意味今では考えられないものでした。

流れがわからなかった結果、精液ではなくおしっこを出してしまったとのこと。

初体験は、やりかたがわからなかった。流れに身をまかせようと思った今田は、入れている間にオシ○コした。(引用:学歴トピ

ちょっと話を盛りすぎている気もしますが、本当だったらある意味最強初体験エピソードですよね。

ちなみに今田さんは2021年時点ではまだ未婚。今後もこのいじられキャラでの活躍が続きそうです。

 

8.バナナマン 設楽統

https://fqmagazine.jp/87721/shitaraosamu/

お笑いコンビ「バナナマン」のボケ兼ツッコミ役の設楽統さん。

二人はお笑いの腕もさることながら、司会者やタレントとしてのスキルが半端じゃないんです。

特に設楽さんはさりげなく場を回すことを得意としていて、2012年と2017年上半期には「番組出演本数ランキング」でアナウンサーの羽鳥さんなどをおさえて1位を勝ち取るほどでした。

そんな設楽さんの初体験は17歳の頃。バイト先の先輩と初体験をすることになったそう。

設楽統は、ラジオで告白。高校2年生・17歳の夏、バイト先の5コ上の先輩と行為に及んだそうだ。(引用:エキサイトニュース

しかも別の番組では、初体験の場所が有名ラブホのティファニーだったと告げています。

お相手はかなり年上だったそうですし、魅力的なお姉さまにラブホに連れられ、手取り足取り教えてもらったのでしょうか。

設楽さんの初体験エピソードは小出しにしているので、今度も新たな情報が追加されるかもしれませんね。

 

9.おぎやはぎ 小木

https://www.oricon.co.jp/news/2169432/full/

小木博明さんはお笑いコンビ「おぎやはぎ」のボケ担当。

森山奈歩さんと結婚したことで、弟である森山直太朗さんとは家族の関係になったのも話題になりましたね。

芸風はのんびりと間違った方向に進み続けて、相方の矢作さんのツッコミでストップがかかるというもの。

実は小木さんの初体験エピソードも、間違った方向に進み続けてしまった内容となっています。

ご自身の初体験について、「ずっと違うところを触ってしまった」と話していました。一体どこと間違えたのでしょうか。

半年くらい付き合っていた彼女との初体験でのお話。

ま~ずっと触ってたんですね。ずっと違うところを・・・。

でもどうやら濡れなかったみたいなんです。何でこんな触ってるのにと・・・。

そして指の臭いをかいでみたら臭かったというオチです。汗。(引用:YouTube

あくまで推測ですが、指が臭かったと書かれていることから、間違えてアナルを触っていたのかも。

彼女も相当驚いたでしょうね。経験者であれば濡れてこない時点でなんとなく察して軌道修正すると思いますが、初体験ではなかなか難しかった様子。

ありそうでなかなか聞かないエピソードです。

 

10.EXIT 兼近

https://news.mynavi.jp/article/20200618-1059450/images/001.jpg

兼近大樹さんは、チャラいパリピ系漫才をテンポよく繰り広げるEXITのボケ担当。

ネタだけを見ていると毎日楽しく悩みがなさそうな印象ですが、兼近さんは元ベビーシッター、相方のりんたろー。さんは介護のアルバイトをしていたそうです。

「実はまじめだけど一生懸命パリピのふりをしている」という見方をされるようになってから、さらに大ブレイク。

漫才だけではなくバラエティの出演やアーティストとしても活躍するなど、引き出しの多さを感じさせます。

特に2019年に吉本男前ランキングで1位に輝いた兼近さんのイケメンぶりはすさまじく、初体験はなんと14歳の頃だったとの情報も。

1位EXIT兼近 14歳の時兄の彼女と初体験。兄の影響でプレイ中は爆音でジャンヌダルクの曲を流す。(引用:もかあめが語る

ただ、彼は幼少期にホームレスを経験していたほどの貧乏苦労人。

初体験は早かったものの、恋愛自体にはあまり興味がなく、「童貞感が強い」との評価も少なくありません。

 

芸能人の初体験はやはり一般人と違う?

10代前半での童貞・処女喪失や、初体験からアブノーマルなプレイを楽しんでしまうなど、一般人ではなかなか考えられない初体験エピソードを持つ芸能人が多かったですよね。

芸能人は影響力が強く、特にアイドルや俳優さんはお顔が整っている方も多いはず。

それゆえに、人とは違う初体験エピソードを引き寄せてしまうのかもしれませんね。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※本記事内掲載のTwitter等SNS投稿の削除依頼はコチラよりメールでお願いします。3営業日以内に対応いたします。

  • 記者 WRITERSASA

    高校時代はオタクをこじらせて彼氏がいた経験はゼロ。一念発起して大学デビューを果たすも、今度は優柔不断な性格からお誘いを断れず経験人数が一気に2桁超え。自分の青春時代のさまざまな経験を、性に悩む全ての人のお役に立てたいと考えてライター活動中。ちょっと人には聞きづらい内容も、具体的かつ赤裸々に解説します!

FOR YOUあなたにおすすめの記事