もう中折れにならない!9つの中折れ対策!

2019.01.18

性行為の途中でペニスの勃起が収まってしまう「中折れ」。
男性としての威厳はへし折られ、パートナーとの雰囲気は険悪になってしまうなど深刻な症状です。
実は、中折れに悩む男性は意外なほど多いのです。
そこで今回は中折れの理由と対策方法を詳しくお話していこうと思います。

  • 記者 WRITER
    皿良 まゆ(STERON編集部)

男性が抱えるセックスの悩みはいくつもあります。その中でも見逃せないのが「中折れ」でしょう。

セックスとペニスに関する問題は男性にとってプライドに直結する由々しき問題。何とかしたい、中折れ対策の方法が知りたい、と切実に感じている方も少なくないのでは?

しかし、中折れにはセックスを楽しめないという以上に深刻な問題が隠されていることをご存じですか?

実は、中折れはあなたの体のSOSである可能性もあるのです。

心筋梗塞や脳梗塞など重大な疾患の前兆として中折れの症状が出る場合もあります。

また中折れはEDの症状の1つです。対策をせずに放置すると、深刻な勃起不全に悩まされることにもなりかねません。

そこで今回は中折れの原因、そして中折れ対策について徹底的にご紹介します。

 

適切な対策のために。中折れする4つの理由

さて、中折れ対策についてお話する前に、原因について一緒に見ていきましょう。

中折れの理由は大きくわけて次の4つ。

  • 精神的な理由
  • 体力的な理由
  • 体調的な理由
  • 年齢的な理由

中折れについての知識を深めることが、中折れ対策の第一歩。まずはそれぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

精神的な理由

ストレスや不安感も中折れの原因に。

中折れの原因として多いのが精神的な理由によるものです。

仕事が忙しくてストレスがたまっている、そんな時に中折れを経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

その他、心配事や不安なことがあり、セックスに集中できない、そんな時にもやはり中折れしてしまうことがあります。

また、セックスへのプレッシャーも中折れの原因になる場合があります。

「パートナーを満足させているだろうか?」

「感じてくれているだろうか?」

というプレッシャーが心理的負担になり中折れしてしまうのです。

これに加え、セックスがマンネリ化しており、性的に十分興奮しないために中折れをするケースも。

女性の体臭やムダ毛などによって興ざめしてしまい、勃起が収まる経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

精神的な理由による中折れはすべての年齢層の男性に起こりえることです。体力と性欲に溢れていても、ちょっとしたことで発生してしまいます。

 

体力的な理由

体力的な理由も中折れの原因に。

体力的な理由によって中折れをしてしまう人も少なくありません。

人間は誰でも加齢とともに体力が低下します。「セックスはスポーツ」という考え方があるほど、セックスには運動的な側面があります。

セックスの時に男性が消費するカロリーは、時に160kcal程度にもなることをご存じですか?

実際の消費カロリーは体位やかける時間などによって変わってきますが、ウォーキングであれば一時間程度の運動量です。

また、セックスは男性主導ですることが多いため、ある程度の体力は必要です。

例えば挿入後のピストン運動はかなり体力が必要ですね。下半身はもちろん上半身の筋肉も使い、腰を動かします。

体力がないと、動いているうちに疲れてきて動きが緩慢になり性的刺激が弱まることで、中折れしてしまうのです。

 

体調面の理由

体調が優れないことも中折れの原因になる。

勃起力には自信があり、普段は中折れ知らずという男性であっても、体調的が優れなければ中折れする可能性は0ではありません。

風邪などで体調がすぐれない時でも、なぜか性欲がある、ということは珍しくないかと思います。

しかし、実際にセックスしてみたら、途中で萎えてしまった、そんな経験をしたことがありませんか?

体調が優れない的は体力も低下しています。そのため、長い挿入に耐えれないことがあるのです。

また、睡眠不足が続いていると、男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が減るため、勃起力に影響が出ることもあります。

参考:睡眠不足で性欲減退?睡眠と性機能の関係性

そして意外に見落としがちなのが「飲酒」です。適度のアルコールは性欲アップを促し、血行が良くなるため勃起力もアップします。

しかし、飲酒量が多くなりすぎると逆に勃起に至らなかったり、勃起はしても挿入が出来る硬度にならない、挿入してもすぐに萎えてしまうということになりがちです。

勃起は体調のバロメーターと言われるほどですので、常に最良の勃起力をキープするためにも体調管理は徹底したいものですね。

 

年齢的な理由

加齢も中折れの原因に。

中折れはすべての年代の男性に発生する可能性があります。

しかし、様々な研究によって、年齢が上がると中折れ率も上がることが明らかになっています。

勃起は男性が性的に興奮した時、海綿体への血液の流入を促す体内物質が出て陰茎動脈が拡張されて起こります。

つまり、勃起には血流が大切なのです。しかし、加齢とともに血管は細り、血液が十分に海綿体に送り込まれなくなるために勃起状態を長く保てなくなるのです。

冒頭部分で、中折れが重大な疾患の前触れである可能性があるという話をしたのを覚えていますか?

血管が細くなったり硬くなったりすることで起こる動脈硬化は心筋梗塞、脳梗塞の原因になります。

実際、これらの病気になった男性が発症前に中折れを経験していたというケースは少なくありません。

また、加齢とともに男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が減少することも中折れが発生する確率を押し上げます。

テストステロンの分泌量の低下は40代から顕著になるため、この年代から中折れに悩む方の人数が増えると言われています。

しかし、中には70歳になっても中折れしらず!という男性もいますので、努力次第で勃起力をキープすることはできるのです。

後ほど中折れ対策については具体的にお話しますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

もう中折れなんてしない!9つの中折れ対策

さて、ここまで中折れの原因をお話ししてきました。あなたの中折れはどれが原因でしたか?

これから紹介する対策法を継続することで必ず中折れは改善されていくはずです。

それではさっそく対策法をご紹介していきます!

筋トレ

筋トレは中折れ対策に非常に重要

中年期以降の方や、日頃体を動かすことが少ない方は筋トレを生活習慣として取り入れると中折れ対策になります。

筋トレと言っても、ハードなトレーニングをするわけではありません。お風呂あがりにスクワットする、これだけでもかなり効果があり、立派な中折れの対策になるんですよ。

筋トレによって筋肉量がアップするとそれに比例して、男性ホルモン「テストステロン」の分泌量もアップします。

性欲・精力増加、勃起力アップといった夜の活力を向上させる効果が期待できます。

また、スクワットは非常に効率よくPC筋を鍛えることができることでも知られています。

PC筋は勃起力に直結する大切な筋肉ですが、加齢や運動不足によって衰えていきます。スクワット10回を1セットとして毎日3~4セットを目標にやってみてください。早い方なら1か月程度で効果を実感できますよ。

勃起の持続力をアップしたいならPC筋を鍛えろ!鍛える方法3つ

適度な運動は、中折れ対策としてだけでなく、健康をキープするためにも有効なのでぜひ実践してみてくださいね!

 

食生活の改善

健康的な食生活を維持することも中折れの対策には重要。

「医食同源」という言葉があります。

健康は体の中から作られる…わかっていてもなかなか実践することは難しいですよね。

食事を外食(特にファストフード)やコンビニで済ませてしまう、付き合いで飲みに行くことが多い、こんな方は一度食生活の見直しが必要です。

もちろん、中折れ対策に効果がある外食もあります。こちらの記事を参考にしてください。

【栄養士監修】性欲を高めるコンビニフード5選!

偏った食生活をしていると、体に様々な変調があらわれます。

中折れもその1つです。中折れ対策としては亜鉛、ミネラル、ビタミン、たんぱく質をバランスよく摂りましょう。

低脂肪高タンパクを意識して食事をすると、勃起力は自然に高まっていきます。

バランスの良い食生活は中折れ対策になるだけでなく、いつまでも健康でいるための秘訣でもあります。

食事だけでは摂りきれない栄養素は、サプリメントを飲むことで補ってあげると良いですね。

 

生活習慣の改善

健康的な生活習慣も中折れの対策に重要。

生活習慣の改善も中折れ対策としては非常に有効です。

  • 十分な睡眠を取る
  • 過度の喫煙は控える
  • 過度の飲酒は控える
  • 夜更かしは控える
  • 適度に体を動かす

どれも特別難しいことではありませんが、意識しないとなかなか実行するのは難しいものです。

勃起力に大きな影響を与える男性ホルモン「テストステロン」は夜中に分泌量が増えることがわかっています。しかし夜型の生活をしていてると、十分な量のテストステロンが分泌されません。

早寝早起き、というのは仕事が多忙な方は難しいとは思いますが、嗜好品は最低限に留め、なるべく規則正しい生活を送るようにすることが中折れ対策になります。

勃起の維持力を高めるために意識すべき生活習慣

 

マンネリセックスの解消

マンネリ化の防止も中折れ対策に重要。

同じ相手と長い間肌を重ねていると、どうしてもセックスはマンネリ化しがちです。

リラックスしてセックスにのぞめる反面、緊張感や刺激に乏しいため、どうしても性的興奮度が下がるため、中折れが起こってしまうのです。マンネリを改善するには、新しい刺激を感じれるセックスをするしかありません。

例えば、同じ相手であっても場所を変えてセックスするだけでもずいぶん新鮮に感じるものです。

他にも、いつもと違う体位にトライしたり、アダルトグッズを使ったり、パートナーにセクシーな下着をつけてもらうなど、簡単に試せる対策はいくらでもありますので、できることから実践してみましょう。

性的興奮を高めることが中折れ対策になるんですね!セックスを楽しみながら中折れ対策ができるのですから、これは試してみる価値がありますね。

【女性が教える】マンネリ夫婦の5つの解消方法

 

正しいオナニーを行う

適切なオナニーをすることは中折れ対策に重要。

中折れの理由は様々ですが、セックス中の性的刺激が少ないことも原因になります。

膣圧というのは、実はたいしたことがありません。

オナニーの時に、ペニスを強く握ったり、床にこすりつけると、強い刺激に慣れてしまい膣内で十分な性的快感が得れなくなります。

オナニーの方法をかえるだけで、本当に中折れ対策になるの?と思われた方もいると思いますが、中折れ対策としてはかなり有効な方法なのです。

強く刺激するオナニーが習慣になっている方は、膣内に挿入している感覚に近いオナホを使うオナニーがオススメです。日ごろから膣内に挿入した時の感触に近いオナニーをすることは、立派な中折れ対策になるのです。

 

また頻度を見直すことは中折れ対策として非常に有効です。

オナニーをしすぎると、刺激に対して鈍感になってしまうので、頻度が高めの方は少し回数を減らしましょう。それによってセックスの時の快感が増すので中折れ対策になりますよ。

間違ったオナニーは遅漏の原因!正しいオナニーの方法とは?

 

セックス時にリラックスする

リラックスすることで中折れ対策になる。

中折れは精神的な理由によっても起こることはすでにお話した通りです。

ストレスがたまっていたり、セックスに対してプレッシャーを感じたりしているという方は、リラックスする方法を見つけるといいでしょう。

中折れ対策として有効なものを少しご紹介しましょう。

例えば、入浴。入浴には気持ちを落ち着かせる効果があるだけでなく、血行が良くなるため、勃起力もアップするのでオススメの対策法です。また、リラックス効果のあるアロマグッズを導入するというのも良いでしょう。

特にオススメは「イランイラン」です。リラックス効果があるだけでなく、催淫効果もありますので、気持ちが高まり勃起力アップが期待できるため、効果的な中折れ対策でしょう。

 

パートナーと十分に話し合う

パートナーとしっかりとコミュニケーションをとることも中折れ対策の1つ。

中折れは実は女性にとっても深刻な問題です。

男性がセックスの途中で萎えてしまうと、多くの女性は自分に性的な魅力がないのでは?と感じてしまうのです。

普段から、セックスについてオープンに話せる関係を作っておくと、いざ中折れをしてしまった時も女性を不安にさせることがありません。

相手のせいではなことを話した上で、新たなセックスの試みを試すこともできます。

「また中折れするんじゃないか?」というセックスへのプレッシャーも、相手に打ち明けておけば軽減されるのではないでしょうか。

パートナーとセックスについて話し合うというのは、中折れ対策のみならず「セックスレス対策」にもなるのでぜひ実践してみてくださいね!

 

バイアグラなどの医薬品の活用

バイアグラなどの医薬品の服用も中折れ対策。

医薬品の服用は最も即効性がある中折れ対策です。

繰り返しになりますが、中折れはEDの症状の1つです。

そのため、ED治療を服用することで、中折れの悩みは瞬時に解決される可能性が高いです。

そのため、中折れ対策としてED治療薬を服用している男性は少なくありません。

しかし、体質によっては頭痛、顔の火照り、動機、鼻づまりといった副作用が出ることがあります。

また特定の疾患があり、投薬治療中の方はED治療薬は服用できません。

そして、ED治療薬を購入するには、泌尿器科やED外来で処方箋を出してもらう必要があります。

バイアグラなどの医薬品には保険が適用されないため、薬代は実費になります。

ネットでの個人輸入は安く済みますが、粗悪な模造品である可能性も高く、重篤な健康被害を受ける可能性もあるので注意が必要です。

参考:通販でバイアグラを購入するのは非常に危険!偽物に要注意

即効性のある中折れ対策ではありますが、リスクも伴うことは忘れないようにしましょう。

ED治療薬の服用は、まずは他の中折れ対策を試してみてからにすることをオススメします。

自分に合った対策方法を見つけることができれば、ED治療薬に頼らずとも、中折れは改善できる可能性が大きいのですから。

 

精力剤サプリメントの使用

サプリメントも中折れ対策。

中折れ対策はしたいが、ED治療薬には抵抗があるという方もいらっしゃると思います。

ED治療薬による中折れ対策は、確かに即効性はありますが、問題の根本的解決にはなりません。

薬剤である以上副作用のリスクもありますし、躊躇してしまうのは当然ですよね。

体に負担をかけず中折れ対策がしたい!そんな方にオススメしたいのが精力剤サプリメントによる対策です。

【医師監修】精力剤とバイアグラなどの医薬品の違い

サプリメントとは「健康補助食品」。普段の食生活の中では十分に摂取することのできない成分を効率よく摂ることで、健康効果を得るためのものです。

中折れ対策に効果的な成分は

  • アルギニン
  • シトルリン
  • 亜鉛
  • トリプトファン
  • マカ
  • ビタミンB,C,D
  • ポリフェノール

などです。

精力剤にはこれらの成分をバランスよく配合されています。そして中折れ対策のみならず、疲労回復、滋養強壮など健康効果も期待できます。

しかしこれだけたくさんの精力剤があるといったいどれを選んでよいのかわからなくなりますよね。

そこでSTERONは医師監修のもと、様々な観点で主要精力剤をランキングしました。全てスタッフが実際に服用していますので、ぜひ精力剤を選ぶ際の参考にしてください。

【メンズサプリランキング】精力&活力改善効果の高いメンズサプリ5選と理由

 

まとめ:適切な対策で中折れは改善できる

いかがでしたか?

今回は「もう中折れにならない!9つの中折れ対策」というテーマでお送りさせていただきました。

中折れは、単なる性的ポテンシャルの衰えではなく、あなた自身も気づかない体の変調のサイン…かもしれないんですね。

ED治療薬を用いれば中折れに悩まずセックスをすることはできます。

しかし、本来の精力が改善されたわけではありませんし、副作用のリスクがあることは忘れないようにしてください。

STERONでは中折れ対策に精力剤サプリメントをオススメしていますが、精力剤は服用を始めてから効果を実感するまでにある程度時間がかかることがあります。

すぐにでも中折れを改善したいという方はED治療薬で対処しつつ、精力剤による対策で体の中からアプローチしていきましょう。

体質が改善され勃起できる身体ができあがれば、ED治療薬は必要なくなるでしょう。これぞ本当の中折れ対策と言えるのではないでしょうか。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITER皿良 まゆ(STERON編集部)

FOR YOUあなたにおすすめの記事