モテる男とモテない男のかっこつけは何が違う?具体例14選

公開日:2022/08/07
更新日:2022/08/15

かっこよく見えるように努力してるのにモテない…。
モテるどころか距離を置かれてる…。
そんな風に感じていませんか?
実はかっこよさの基準は男女で差があり、間違ったかっこつけは非モテの対象に。
今回はモテる男とモテない男のカッコつけ14選を紹介します!
正しいかっこつけを学んで、非モテから脱出しましょう!

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

かっこつける男とかっこつけない男はどっちがモテる?

モテたい

そういう欲求って心の中に絶対ありますよね?

モテている友達がいれば羨ましいし、女性からチヤホヤされると嬉しい。

特定の彼女はいらないから、とにかくモテる経験をしてみたい

そんな風に思っている男性って、意外と多いのではないでしょうか。

ではモテるために必要な要素はなにかというと、整っている顔立ちや抜群のスタイルではありません。

お酒が強い体質やずばぬけた歌唱力でもないんです。

これらはあれば良いかもしれませんが、モテる理由には直結しません。

実はモテるために必要なのは、正しいカッコつけ方なんです!

女性はカッコつけている男性がかなり好き。

https://twitter.com/GentlerainEnst/status/1503757393406185481

ちょっとうまくいかなかったとしても、女性はかっこつけようと頑張っている姿も評価してくれます。

一生懸命見栄を張ってかっこつける男性って、女性からするとかなり素敵なんです!

https://twitter.com/vuna_cme1j1/status/1501564185347784706

カッコつけ方が対象の女性にマッチすると、一気に恋愛モードに持っていける可能性も!

それだけカッコつける言動って大切なんです。

ただ、もしかしたら

「かっこつける男ってダサい」や「かっこつけすぎて嫌い」

なんていう言葉を耳にした過去もあるのではないでしょうか?

実はこれも事実です。

変にカッコつけたり、やりすぎて露骨にアピールしてしまうと「かっこつけすぎ」と女性に嫌われてしまいます。

なぜこのように同じカッコつけでも「好き」と「嫌い」の差がでてしまうのか。

それは、理想的なカッコつけに男女でギャップがあるためなんです。

男性からしたら完璧なカッコつけでも、女性からしたら「ダサい」と思われてしまう。

反対に男性が「あれはないわ〜」と思うカッコつけでも、女性からしたら「みんなあんな男だったらいいのに!」と感動させてしまう場合もあります。

つまり、男女のギャップを理解すれば、正しいカッコつけで女性にアプローチができるようになるんです!

 

モテる男のかっこつけとモテない男のかっこつけ14選

それでは早速、女性にモテるための正しいカッコつけ方をご紹介していきましょう!

ただし、男女の考え方のギャップを理解しなければいけないので、モテない男のカッコつけも合わせてご紹介します。

今自分がやっているカッコつけ方は正しいのか、もしくは女性から嫌われるカッコつけをしてしまっていたのか。

自分の言動を思い返しながら読み進めてみてください!

 

モテない男のかっこつけ方7選

まずは女性から見てモテない男のカッコつけ方を7つご紹介していきます。

意識せずにやってしまっている場合もありますし、もしやってしまっている事象があれば、今すぐにやめて軌道修正してみましょう!

意外とやっている男性は多いと思うので、細かい部分まで思い返してみてくださいね!

 

1.タバコをふかして吸っている

男女問わず、タバコが似合う人ってかっこいいですよね!

芸能人でも多数いらっしゃいます!

例えば、綾野剛さん。

https://prcm.jp/album/21dd81016f0fd/pic/50772797

さらに成田さん等、たばこを吸っている姿をカッコいいと思う女性はとても多い印象です。

https://geronag.com/actor/ryo-narita/10187/

この人気の波に乗って頑張ってかっこつけようとタバコをふかしながら吸ってしまうと、一気にモテないカッコつけになってしまうんです。

今は電子タバコも増えて健康面を考えても吸いやすい状況になっていますが、ふかしているだけのタバコはすぐにわかってしまいますし、わかった瞬間「ダサい」と幻滅されてしまいます。

https://mobile.twitter.com/hachibees2/status/1497150213727059970

タバコを吸っている姿がカッコいいのは、タバコを持っている姿だけでなく、深く吸っている時の表情や吐息、動作全てに色気があるからカッコいいんです。

ただの真似事だけではカッコよさを演出できないので、もしもカッコつけようとタバコをふかしているなら、今すぐやめて別のカッコつけに移行しましょう。

 

2.自慢話が多い

女性は経験豊富な男性や、失敗を経て成功をおさめている目上の男性がとても好き!

そういう人の話を聞くと頼れる感じがしますし、自分にとってもプラスになり、モチベーションを上げてくれるからです。

尊敬できる相手には恋をしやすいので、経験談はあればあるほどモテます。

ただ、モテると勘違いして聞かれてもいないのに自分からペラペラと喋るとただの自慢話になってしまうので要注意!

自慢話は聞いているだけで時間を無駄にするような感覚にさせ、その後話しかけても「関わりたくない」という気持ちから良い反応がもらえなくなってしまいます。

カッコつけているつもりが全く逆の行動となり、自分の評価を著しく下げてしまうんです。

https://twitter.com/nobita_koi56/status/1501135754998726662

経験豊富アピールをしたい時は、相手が何かアドバイスを求めてきた時に少しだけ経験談を話すのがベスト!

喋りすぎは自慢になるし、何も返答しないと無能と思われてしまいます。

難しい塩梅ですが、モテるためには必要な会話スキルです!

できるか不安な時は、何か一つだけ話すようにしましょう。

たくさんの情報を与えると相手が話す隙がなくなってしまうので、自慢にならない程度に小出しにするのがポイントですよ!

 

3.自作のポエムを送る

自分の文章力や表現力、想像力をアピールしようと、自作のポエムを送った過去はないですか?

ポエムまでいかなくとも、ポエムのように想像力を膨らませて、普段は言わないような言葉を織り込んだ長文LINEを送ったりはしていないでしょうか?

SNS等で青空や動物の写真と一緒に自作のポエム風の記事をアップする女性もいますが、決してポエムが好きだからではありません。

自分の気持ちを整理したり、誰かにわかってほしいという共感を求めてやっている行動であり、SNSだからできる大胆さもあるのです。

なので、単に「女性が好きそう」と言う理由でカッコつけてポエムをLINEで送ったりすると、自分の気持ちを馬鹿にしていると思われたり、知ったかぶりをされていると不快な気持ちにさせてしまいます。

https://twitter.com/wakigafinal/status/1463867770718674951

さらに何が言いたいのか伝わらないと、「自分に酔ってるナルシスト」と思われて終わる可能性も…。

カッコつけようと頑張って作ったLINEが、かえって相手を怒らせたり、自分への評価を下げる結果になったら嫌ですよね。

LINEやSNSの投稿はポエム風にせず、あくまで普段通りの話し口調を心がけ、間違ったカッコつけは行わないようにしましょう!

 

4.距離を縮めようと馴れ馴れしく話しかける

モテる男性は会話がうまいもの。

本当は人見知りでも一生懸命話しかけるのはカッコつける要素として合っているのですが、度を越して馴れ馴れしく話しかけるのはNG

できるだけフランクな態度の方が気軽に話してくれるだろうと思って、いきなり下の名前で呼んだり質問攻めにしてしまっていませんか?

確かに気軽に話せる雰囲気作りは、心を開かせるために大切です。

しかし無理してフランクに接しすぎると、気がついたら自分ばかりが喋っている場合がほとんど。

会話がうまいわけではなく、単純に「自己主張が強い人」と思われて終わってしまいます。

それに初対面から下の名前で呼ばれるのは、不快感を覚える女性も多いんです。

馴れ馴れしい態度は言葉遣いも気になります。

普段は使わないような言葉を使ったり、少しチャラついているような素振りをしてしまったり。

違和感だらけの言動に女性は引いてしまうので、距離の詰めすぎには注意しましょう。

また、カッコつけようといきなり距離を縮めたら、ナンパ慣れしていると思われる可能性もあります。

https://twitter.com/Lily_Mizusaki/status/914405214349701121

「馴れ馴れしい態度=ナンパ」という方程式を持っている女性はかなり多いので、当てはまる方は女性との会話の仕方を見直してみてくださいね!

 

5.忙しいアピールをする

忙しい男性は仕事を任されている感じがしますね。

「デキる男」の姿に頼り甲斐を感じたり、周囲からの評価も高い印象を与えます。

女性は忙しそうにしている人を見るとかっこいいと思うし、何か手伝ってあげたいなとそばに居たくなるんです。

でもかっこいいと思うのはあくまで「察した場合」であって、自ら忙しいアピールをされるとがっかりポイントに変わってしまいます。

たとえ本当に多忙でも、忙しいと伝えるのはNG!

「すぐに助けを呼ぶ人」

「かまってちゃん」

というレッテルを貼られて終わってしまいます。

https://twitter.com/karin8tw/status/1370747446746247170

女性から「めんどくさい男」って思われるのはショックですよね…。

褒めてほしい気持ち、認めてほしい気持ちがあっても、カッコつけとしてアピールするのはやめましょう。

一生懸命頑張っていても逆効果になってしまうので、関係が深まってから少しずつ忙しい理由を伝えてみてくださいね!

 

6.初デートで高級店に連れて行く

初デートって、カッコつけるには最適の場ですよね!

2人きりなので思いっきり自分をアピールできますし、これまでしなかったような少し大胆な行動もしたくなると思います。

もちろん初デートでカッコつけるのは必要不可欠な行動なのですが、お店選びでは注意が必要です。

気合いを入れて高級店に連れて行くと、カッコつけどころか相手を困らせてしまう事態に陥ってしまいます。

高級店は服装にも迷うし、マナーや話す声のトーン等気を遣わせてしまう要素が多いのです。

特に相手の女性が高級店に行った経験がなかったり、慣れていなかった場合はかなりナーバスにさせてしまいます。

カッコつけただけなのに自分が場慣れしている印象も与えるので、気後れさせてしまうケースも。

https://twitter.com/oriii_chance/status/1491932074613559297

中には「試されている」と勘ぐる女性もいるほど、初デートの高級店は女性に嫌われる場なのです。

高級店へは、付き合ってから記念日など特別な日に行ったほうがカッコよさを演出できますよ。

初デートのお店でカッコつけるなら、まだ行ったことがないおしゃれなカフェがベスト!

誰でも気軽に入れるお店の方が居心地よくて安心感を与えられますよ!

 

7.ファッションが独創的すぎる

第一印象もデートもどんなファッションで会うかはとても大切!

特に第一印象は、会って3秒で決まると言われています。

第一印象はどの位の時間で決まるかご存知ですか?

実は人の第一印象は3秒で決まる、と言われています。メラビアンの法則では「視覚情報」が55%、「聴覚情報」が38%、「話の内容」が7%と提唱されています。

目から入ってくる情報がなんと90%以上!いかに見ためが大事かがわかりますね。(引用:Nisso Brain

3秒はとても短い時間。

あまり印象に残らない無難な服装もよくないですが、インパクトを与えようと流行の服ばかりを身につけたり、おしゃれに見せようと奇抜な服を着るのは間違ったカッコつけ方。

独創的すぎると女性も何を着たらいいか悩んでしまいますし、流行の服をふんだんに盛り込んでいると情報量が多すぎてダサく見えてしまいます。

「ついていけない」と引かれてしまうと、それだけでめんどくさくなってもう会いたくないと思われてしまう可能性も…。

特に間違ったカッコつけになりがちなのが、サイズ感のミス

https://twitter.com/amaisenbei/status/1475841353460613120

流行りの服やちょっといい服を着てても、自分に合うサイズを着ていないと一気にダサくなります。

おしゃれ男子を目指すなら、雑誌や店舗のマネキンなどコーディネートごと買うのがオススメ

服装に気をつけるのはモテるために必要な要素なので、自分でコーディネートして間違ったカッコつけにならないよう注意しましょう。

 

モテる男のかっこつけ方7選

次にモテる男のカッコつけ方を7つご紹介していきます。

すぐに取り入れられる行動ばかりなので、早速今日から挑戦してみましょう!

 

1.趣味に時間を使っている

何か決まった趣味があると会話が盛り上がりやすく、話題も尽きないので女性からの注目を集めやすいでしょう。

狙っている女性と同じ趣味であればそのままデートに誘えますし、違う趣味だとしても、趣味の本気度が高ければ高いほど尊敬の目で見られます。

何かに熱中している男性はかっこよく見えるもの。

趣味に情熱を捧げられるのならば、付き合ったとしても一途に大切にしてくれそうという印象を与えるんです!

カッコつけるためには、趣味について語ること

当たり障りない会話は忘れてしまいがちですが、しっかりと内容の濃い話をされると女性も夢中になります。

もしも今趣味と呼べるものがないのであれば、女子ウケがいい趣味を選んで極めてみましょう!

https://gyazo.com/df427fdfda8ea4f319816a7b3220624e

特にドライブ、食べ歩き、旅行等はデートにも誘いやすく、会話も広がりやすいのでオススメです。

ここ最近はコロナ渦でアウトドアの需要も増えているため、キャンプなどが得意な男性には頼もしさを感じるのでモテるでしょう。

https://twitter.com/makaron3636/status/1221059364649222144

ただ、趣味がマニアックすぎると相手が話についていけないどころか、ドン引きされる可能性も。

カッコつけるためにはある程度認知度のある趣味を選び、語れるくらい極めてみましょう!

 

2.デート場所をすぐに決める

女性は優柔不断な人も多く「引っ張っていってほしい」という願望が強いので、決断力のある男性に惹かれます。

デートに誘う時はつい「どこ行きたい?」「何食べたい?」と聞いてしまいがちですが、これはNG。

ある程度女性主体で進めるのは大切なのですが、カッコつけるためにはまず自分が提案するのが正解です!

「○○にオススメのレストランがあるんだけど一緒に行かない?」や「○日に××のイベントがあるんだけど空いてる?」等とスマートに提案すると、女性はyesかnoの判断をするだけなので負担が少なく済みます。

それに、こういう聞き方の方が会話の雰囲気を壊さずに誘えるので、デートに誘う成功率も上がるんです!

https://twitter.com/Cryptobanker_Z/status/1422410153870061570

デート場所を決められない男は、カッコつけられていないどころか「つまらない男」と認定されてしまいます…。

最高のデートプランを組む必要はないので、気軽に行ける場所をいくつかピックアップしておいて、スマートにデートに誘ってカッコつけましょう!

 

3.一つだけハイブランドのものを身につける

一生懸命カッコつけようと全身ハイブランドで固めてしまうと「強欲な人」「見栄っ張り」という印象を与え、かえって女性は近づきにくくなってしまいます。

https://twitter.com/nr_pppp/status/1266355231866023939

でもハイブランドのものってかっこいいし箔がつきますよね!

実はモテる男は何か一つだけハイブランドを取り入れ、こだわりを感じさせてカッコつけるんです!

靴やかばん、アクセサリーやメガネ等、なんでも良いのでハイブランドは一つに絞りましょう。

するとフランクで近づきやすい雰囲気なのに、こだわりが詰まったおしゃれ感を演出できて女子ウケ抜群に!

全身ハイブランドだと女性自身も服装にも迷ってしまいますが、何か一つ取り入れてる程度なら気にせず自分のおしゃれを楽しめます。

時計や靴等の小物をハイブランドにして、服をユニクロ等のプチプラにするとハイブランドも際立ちますし、好感度もアップ!

https://twitter.com/marifunu0826/status/722532443740184576

服装でカッコつけるためにはバランスがとても大切

こだわりを見せながらも清潔感があって嫌味がない服装を心がけ、コーディネートを組んでみましょう!

 

4.女性の性格や発言を褒める

カッコつけるためには女性を上手に褒めるのが必須

褒め方を間違えてしまうと、かっこいいモテ男から一気にダサい男に降格してしまう可能性もあるんです。

では女性にカッコよく思われる褒め方はというと、見た目ではなく内面を褒める方法

見た目はとても褒めやすいでしょう。

「着てる服かわいいね」や「髪型似合ってるよ」というのは誰でもできます。

しかも一歩間違えれば下心を感じさせてしまうので、カッコつけのために行うのはNG。

それよりも女性が嬉しいのは、会話している最中の発言や言葉遣いをさりげなく褒められる事なんです。

会話に集中している印象を与え、何より自分自身をしっかりと見てくれていると安心感をおぼえます。

自分の話に集中してくれるのって、男女問わず嬉しいですよね!

さらに褒め言葉が入ると「優しくてかっこいい人だな」と思わせられるんです。

女性はストレートに褒められるのが好きですが、中身を褒めてくれる人は意外と少ないので、印象を残しやすいカッコつけ方といえます。

https://twitter.com/nemuru_o/status/1070940145405222912

中身を褒めてくれたら友達にも自慢できるし、友達からは羨ましがられて一気にモテ男に!

少し恥ずかしくて勇気がいりますが、女性の視線を独り占めするために思い切ってカッコつけてみましょう!

 

5.コンビニ店員にも態度が変わらない

友達同士や女性の前ではやわらかい雰囲気なのに、コンビニ店員や居酒屋店員などには素っ気なくしてしまう男性は、女性からするとかなりダサいです。

人を選んで態度を変えると「いつか自分も素っ気なくされるんじゃないか」という不安感を女性に与え、器が小さい男のレッテルを貼られてしまいます。

そうならないために、先輩や後輩、友達、その日あった他人までみんなに同じ態度で接するのが正しいカッコつけになるんです。

誰にでも態度が変わらない人には安心感を抱きますし、女性も拒否される心配がないので話しかけやすくなります。

同時におおらかな雰囲気も感じさせ、みんなから好かれるようになるので、尊敬する気持ちも生まれるんです。

「良い人」という印象をつけられればその後のアピールもスムーズになりますよ!

https://twitter.com/ELVrtlyrmiLHoRn/status/1487822471742902275

態度がコロコロ変わる人には恐怖心を感じる女性もいます。

自分に対して優しいかだけでなく、女性はみんなにも同じような態度で接しているかをよく見ているんです。

目当ての女性の前だけでカッコつけるのではなく、みんなに平等に接して周囲との差をつけ、モテ男を目指しましょう!

 

6.会話は盛り上げ役でなく聞き役にまわる

合コンやサークルの飲み会で大切なのは雰囲気

相手の女性を楽しませて良い雰囲気にしようと必死になるのは良いのですが、盛り上げ役になってずっと喋っているのはNG。

盛り上げ役がいると確かに場は盛り上がって楽しくなるのですが、恋愛対象として見られる可能性は低いのです。

むしろ「騒がしい人」「話を聞いてくれなさそう」というイメージがついて人間性そのものは見てもらえないので、モテたくてカッコつけるなら聞き役にまわる必要があります。

女性は自分の話をするのが大好き。

そして自分の話をするのと同じくらい、共感や励ましの言葉が大好きなんです!

女性の話に耳を傾けて「わかる」や「そう思う」等の共感の言葉をかけたり、「間違ってないから大丈夫だよ」等の肯定や励ましの言葉をかけられると、女性はあなたに興味を持ちます。

聞き上手はただ話を聞くだけでなく、正しい相槌を打つ必要があるんです。

うまく相槌ができれば「スマートでカッコいい人」という印象になり、一気に距離を縮められます。

https://twitter.com/noenyan1/status/1506128015205761025

相手の女性が楽しそうにたくさん話していたら、あなたが聞き上手になれている証です!

女性の反応を見れば一目瞭然なので、自分が話したい気持ちを我慢して、まずは聞き役を徹底してカッコつけてみましょう!

 

7.香水をつけない

香水をつければ興味を惹いてモテると思っていませんか?

実は間違いで、男性の香水を嫌う女性って多いんです

https://motetainjer.com/fashion/kosui.html

理由として最も多いのが「チャラそう」という意見。

香水をつけていると遊び慣れてるイメージやナルシストなイメージがついてしまい、なかなか女性との距離を縮められなくなってしまいます。

また、女性の方が香りに敏感なので「モテようとしてるのかな」とこちらのカッコつけを悟られてしまうんです。

これはかなり恥ずかしいですよね…。

https://twitter.com/mariabeetle115/status/1440247037228818437

香りに敏感な分、つけすぎてしまったらその瞬間に嫌われてしまいます。

したがって、モテようとカッコつけるなら香水はつけないようにしましょう。

香り系でオススメは柔軟剤です!

https://twitter.com/kr24_sakamaki/status/1506282025426522114

ふんわりと香るのがポイント。

柔軟剤もたくさんの種類と香りがあるので、女性ウケが良さそうな香りを探して試してみてくださいね!

 

正しいかっこつけでモテない男と差をつけろ

カッコつけようと意気込んでも、女性にとって間違っていたり、ダサいと思われたりしたら意味がありません。

せっかくカッコつけてモテようと思うなら、今回ご紹介した正しいカッコつけで非モテ男から脱出しましょう!

普段の行動を少し変えるだけで、女性から簡単にモテるようになるんです。

わかりにくい女心を探るより、正しいカッコつけをする方がモテ男になる近道と言えます!

今すぐできる行動もたくさんあるので、自分の言動をよく思い返してみて、早速今日から試してみましょう!

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事