ナルコレプシーであるor疑惑のある有名人15名

公開日:2022/02/01
更新日:2022/02/09

ナルコレプシーは睡眠障害のひとつ。
度々テレビ番組で取り上げられるものの、詳細については理解していない人が多いのが現状です。
そんなナルコレプシーを患っている人は有名人にも…。
今回はナルコレプシーを公表している、もしくはナルコレプシーの疑いがある有名人15名を紹介します。

  • 記者 WRITERSTERON編集部
    ニュース担当

ナルコレプシーとは

ナルコレプシーとは過眠症の一種です。

日本人に起こりやすい過眠症で、睡眠を管理する「ヒポクレチン」を作り出す神経細胞が働かなくなり発症します。

主な症状は4つ。

  • 耐えがたい眠気
  • 居眠り
  • 脱力
  • 睡眠時の幻覚や金縛り体験

ナルコレプシーの眠気は凄まじく、デートの最中や仕事中など、気を張っている状態でも居眠りしてしまいます。

また、居眠りまでの時間がとても短いのも特徴の一つです。

健康体の人であれば寝る前に「眠いなぁ」と眠気を感じますよね。

しかしナルコレプシーにおいては、眠気を感じる前に眠り込んでしまうのです。

そのため、自分の居眠りに気付かない人も…。

さらに情動性脱力発作(カタプレキシー)と呼ばれる発作も併発する場合があります。

笑ったり怒ったりなど感情が大きく動いた際に、身体から力が抜けて立てなくなってしまう症状がカタプレキシーです。

眠気以外の症状として非常に特徴的なカタプレキシーは、発症する人としない人に分かれます。

ナルコレプシーは現在でも根治治療は出来ないとされており、日常生活に支障が出ないよう薬物で眠気をコントロールするのが基本の治療方法です。

 

ナルコレプシーであるor疑惑のある芸能人15名

ここからはナルコレプシーを公表している、もしくは疑惑のある芸能人15名を紹介します。

過去にテレビなどで見て思い当たる節があるか、想像しながら読んでみてくださいね。

 

1.大倉忠義 (関ジャニ∞)

ナルコプレシー 15選

https://www.johnnys-net.jp/page?id=profile&artist=13

大倉忠義さんは、人気アイドルグループ「関ジャニ∞」のドラム担当です。

過去に出演したバラエティ番組などであくびが多かったため「実はナルコレプシーなんじゃないか」とファンの間で推測が飛び交うようになりました。

2014年に放送された「しゃべくり007」では、自身の眠気が悩みと告白。

番組内の企画で「スタジオで実際に眠れるのか」の検証を行なったところ、実際に3分ほどで動かなくなってしまいました。

眠ってしまった後は、他の出演者が席を立つまで起きなかったようです。

とはいえ、寝る間を惜しんでレッスンに励んだり真面目に番組に出演したりしているので、疲労からくる眠気であるとも言われています。

 

2.中島らも

ナルコプレシー 15選

http://ramo-nakajima.com/profile

中島らもさんは、バンド活動や小説、エッセイ、ライブ活動など幅広く活躍したミュージシャンです。

2003年にバンド「らも& MOTHER’S BOYS」を結成するも、持病のうつ病に加え、ナルコレプシーを発症したと公表しました。

ナルコレプシーの発症が原因で、強烈な眠気による居眠りや幻覚症状が起こり、時間の概念を喪失。

また、うつ病がもたらす万能感も相まって、支離滅裂な言動で周囲を困惑させています。(※万能感=自分が何でもできる、全知全能に近い感覚)

ナルコレプシーの合併症としてうつ病を併発したとも考えられるので、元々ナルコレプシーを発症していた可能性も…。

中島らもさんは2004年7月、ライブ終わりに飲酒後、飲食店の階段から転落。

脳挫傷による外傷性脳内血腫が原因で、52歳で亡くなっています。

 

3.西川史子

ナルコプレシー 有名人

https://www.instagram.com/p/CR8PxWZp148/

西川史子さんは、医師でホリプロダクション所属のタレントです。

数多くのテレビ番組に出演しイメージビデオや写真集なども出版しているうえ、強烈なキャラクター性があるので誰しも一度は目にした経験があるはず。

実は西川史子さん、過去に出演したTBS系の番組「私の何がイケないの?」で居眠りを指摘されています。

さらに同番組内でVTR放送中に大あくびを連発しており、司会からも注意されていました。

興味深いのは、居眠りやあくびについて本人が自覚していなかった点です。

西川史子さんの睡眠を検証した専門医は「ナルコレプシーの症状とも言える」と発言。

当時は数多くの番組に出演していたため、多忙による睡眠不足の可能性も否めません。

 

4.色川武大(阿佐田哲也)

ナルコプレシー 有名人

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000014531.html

色川武大さんは、数多くのペンネームを持つ小説家です。

麻雀小説のジャンルを確立させ昭和の麻雀ブームを牽引した経歴から「雀聖」と呼ばれ、麻雀界の大御所として君臨しました。

代表作は麻雀小説の「麻雀放浪記」。

ナルコレプシーの兆候は、1953年ごろに仲間内で麻雀をしているときに起こりました。

なんと麻雀中に自分の番が来るまで寝てしまい、その度に起こされていたのです。

さらに1966年ごろになると睡眠発作や脱力症状、幻覚などに悩まされ、本人は精神病だと判断しました。

そして1974年、今まで精神病だと判断していた病気がナルコレプシーだと判明し、終生まで悩まされています。

作家として多忙であったり、アウトローの世界で働いたりしていた生活スタイルがナルコレプシー発症のキッカケかもしれません。

 

5.岩義人

ナルコプレシー 有名人

https://sumabo.jp/58927

岩義人さんは、office3rock所属の俳優です。

芸能活動に励んでいましたが、2020年4月30日に自身がナルコレプシーであると明かし、YouTuberへの転身を発表しました。

俳優として活動中は「どこでも寝れる」と自覚していましたが、まさか病気であるとは思ってもいなかった様子。

しかし2019年、舞台の稽古中に相手役から居眠りを指摘され、さらに演出家や事務所から「芝居中に寝ているから調べた方がいい」と言われるようになりました。

本人は居眠りしていた自覚がなく、まさにナルコレプシーの症状です。

また、過去に舞台で激しく泣き叫ぶ演技をしたところ脱力症状が現れ、気絶に近い状態で倒れ込んでいます。

病院で頭に電極を付けて「30分寝て、2時間起きる」を繰り返す検査を受けたところ僅か6秒で寝てしまい、医師からナルコレプシーだと告げられました。

ナルコレプシーは本人が「眠い」と自覚する間もなく寝てしまうため、自覚症状がない方がほとんどです。

 

6.雨森セラ(セラ・N・レプシー)

ナルコプレシー 有名人

https://twitter.com/afilia_serrah/status/1487752159982612480/photo/1

雨森セラさんは、アイドルグループ「純情のアフィリア」で活動しているアイドルです。

自身がナルコレプシーであると公表しており、アイドル名「セラ・N・レプシー」は、ナルコレプシーを由来にしています。

学生時代は授業中などに突然眠気に襲われ、本人も意図しない居眠りが頻繁にあり、最前席にされていた過去も。

最前列の席にも関わらず頻繁に居眠りしてしまうため、病院で診察を受けたところ、ナルコレプシーであると医師から告げられました。

アイドル活動の一環としてブログを書いており、自身が患っているナルコレプシーについて詳しく綴っています。

ナルコレプシーは周囲の理解を得ないと「怠け者」と言われがちの病気。

そのため、自分から積極的にナルコレプシーであると伝えているそうです。

 

7.神木隆之介

ナルコプレシー 有名人

https://twitter.com/kamiki_official/status/1488693919290642432

神木隆之介さんは、Co-LaVo(コラボ)所属の俳優です。

俳優業以外にも声優やYouTuberなど多方面で活躍しています。

2007年に出演したテレビ番組にて、生後すぐに生存率1%の難病にかかっていたと公表。

ミルクも飲めないほどの消化器系の難病だったので、ファンの間では「ナルコレプシーでは?」と噂されていました。

ナルコレプシーだと噂された理由は2つ。

  • 消化器系の難病
  • ナルコレプシーの症状を詳しく知る人が少なかった

幼児は成人と比べて些細な病気でも生存率が大幅に低下する場合があります。

ナルコレプシーの症状を詳しく知るファンが少なかったために、憶測でナルコレプシーを疑われたのでしょう。

本人の口からは病名の発表はありませんでしたが、現在は後遺症もなく完治したそうです。

 

8.平嶋夏海

ナルコプレシー 有名人

https://twitter.com/nacchan_h0528/status/1487732456585596928

平嶋夏海さんは人気アイドルグループAKB 48の元メンバーで、現在はワンエイトプロモーション所属のタレントです。

タレントの他に女優やグラビアアイドルなどマルチに活躍しています。

ナルコレプシーではないかと噂された理由は、AKB 48のメンバーとして活動中、レッスンや移動中によく居眠りしていると同メンバーから言われたからです。

また、過去に出演したテレビ番組では「寝不足でもないのに日中に強い眠気に襲われる」と本人の口から明かされました。

この様子を見たナルコレプシー患者である色川武大さんは、「ナルコレプシーの症状を患っているのではないか?」と指摘。

ナルコレプシーの患者だからこそ、通ずるものがあったのでしょう。

平嶋夏海さんの口からは直接公表されていませんが、罹患している可能性は高いかもしれません。

 

9.みのもんた

ナルコプレシー 有名人

https://twitter.com/_mino_monta/status/794854065578516480/photo/1

みのもんたさんは、日本を代表するフリーアナウンサーとして活動していました。

ニュースキャスターやタレント、実業家としての一面を持っていますが、現在は芸能界を引退しています。

みのもんたさんがナルコレプシーを疑われ始めたのは、テレビ番組「秘密のケンミンSHO」収録中の居眠りがキッカケです。

収録中に一度のみならず何度も居眠りしており、出演キャストから起こされていた様子。

また、「ダウンタウンDX」に出演した際にも居眠りしており、司会の浜田雅功さんに指摘されています。

本人の口からナルコレプシーであると公表はされませんでしたが、後に自身がパーキンソン病であると明かしました。

収録中の居眠りがパーキンソン病によるものなのか、ナルコレプシーなのか。

どちらにしろ複数の番組で居眠りしているので、ナルコレプシーも併発している可能性は十分に考えられます。

 

10.ジョージ・チャーチ

ナルコプレシー 有名人

https://onl.la/WaG8Lk8

ジョージ・チャーチさんは、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学で教授として活躍している偉人です。

中学生の頃からナルコレプシーの症状が出始め、授業中によく居眠りするように…。

数学が大好きなのに授業中に居眠りしてしまうため、自宅で学期内にやるべき範囲を数週間で終わらせてしまった過去があります。

また、娘の高校で三者面談に出席した際には、面談中にも関わらず親子揃って居眠りしてしまいました。

ジョージ・チャーチさんは自身がナルコレプシーであると認めつつも、悪い要素ばかりではなく他人と違う観点から物事を観れる」と語っています。

インタビューでは「例えば飛行機に乗ったら、離陸から着陸までエコノミーで椅子を倒さなくてもしっかり眠れるんだ。」とポジティブに回答。

ナルコレプシーだから…と病気を引きずるのではなく前向きに捉える姿勢は、多くのナルコレプシー患者を勇気づけるでしょう。

 

11.ナスターシャ・キンスキー

https://eiga.com/person/54029/

ナスターシャ・キンスキーさんは旧西ベルリン出身の女優であり、本名はナスターシャ・ナクシンスキ。

2001年に行われたデイリーテレグラフのインタビューで「ナルコレプシーの影響を受けた」と答えました。

また、英国の新聞The Telegraphのインタビューでも「私はきちんと眠ることに本当に問題があります」と自身のナルコレプシー症状を自覚しているような場面が見られます。

そもそもナルコレプシーに関して記者に質問された理由は、ナスターシャ・キンスキーさんが撮影中に突如失神してしまうためです。

本人には自覚があまりないようでしたが、撮影中に時折失神してしまい、周りのスタッフなどが大慌てで対処に当たっています。

当初、この失神は疲れや多忙による寝不足だと思われていました。

しかし一度のみならず何度も失神してしまうため「何らかの病気を患っているのでは?」と囁かれ、インタビューで質問されたのです。

ライフスタイルはナルコレプシーの睡眠障害の影響を受けておらず、軽度の症状と思われます。

 

12.ウィンストン・チャーチル

https://president.jp/articles/-/39302?page=4

ウィンストン・チャーチル氏は、軍人の経歴を持つ元イギリス首相です。

政治家として優秀で、ヒトラーが先導するナチスからイギリスを守り、大臣として重要な判断をいくつもこなしています。

チャーチル氏がナルコレプシーを疑われた理由は、過去の発言が元になっていました。

例えば「戦争が始まったら、日中は眠らなければならない。何故ならそれが私が責任を果たせる唯一の方法だから。」という発言。

ナルコレプシーの特徴として、日中に強い眠気に襲われる症状が挙げられます。

チャーチル氏は重要なポジションにいたため、居眠りと公言するには無理があり、このような形で言い表したとも。

他にもチャーチル氏に関する書籍では、以下の一文があるそうです。

彼はアラームを設定し、服を脱ぎ、ベッドに入る。30〜60分で目が覚める。(チャーチルは1日2時間の昼寝をしていた)そして10分後には仕事に戻る (引用:個人ブログ

ただし、チャーチル氏はナルコレプシーではなくショートスリーパーであるといった見解のほうが多くみられます。

いずれにせよ、睡眠に大きく関係する障害を持っていたと考えられるでしょう。

 

13.セルマ・ブレア

ナルコプレシー 有名人

https://www.instagram.com/p/CYhEuiXFgwL/

セルマ・ブレアさんは、アメリカ出身の女優です。

1997年「クルーエル・インテンションズ」で映画デビューし、以降さまざまな映画やドラマで女優として積極的に活動していました。

そんなセルマ・ブレアさんは、自身の口からナルコレプシーであると明かしています。

とはいえ昔からナルコレプシーだった訳ではありません。

セルマ・ブレアさんがナルコレプシーを発症したのは、多発性硬化症(さまざまな神経疾患が現れる難病)の治療が原因です。

多発性硬化症の治療のために、がん治療を受ける人以上の化学療法を受けました。

結果的に良くなりましたが身体へのダメージが大きく、手足の痺れを始めとした後遺症やナルコレプシーを併発する事態に…。

現在は寛解期に入っており、完治に向かっているそうです。

 

14.ジミー・キンメル

ナルコプレシー 有名人

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_61f74b51e4b067cbfa1eac27

ジミーキンメルさんはアメリカ出身の司会者で、声優や俳優、プロデューサーとしても活躍する人気コメディアンです。

子供時代からナルコレプシーを発症し、授業中や友達と遊んでいるときの居眠りに悩んでいました。

大人になっても相変わらず症状は改善せず、ラジオやトークショーの司会をする中で眠たそうな表情をしているとファンの間で囁かれるように…。

眠たそうな表情をしているのは本人も自覚しており、自らニューヨークタイムズに報告しています。

ナルコレプシー症状は薬で抑えられるため、必要に応じて服薬していると明らかにし、仕事に当たっています。

しかし服薬しているにもかかわらず、運転中に寝てしまったそう。

キンメルさんはナルコレプシーについて「集中力がない状態」と話していますが、それでもコメディアンとして活躍しているのは本人の努力が大きいと考えられます。

 

15.カート・コバーン

https://www.cnn.co.jp/showbiz/35142373.html

カート・コバーンさんはアメリカ生まれのミュージシャンで、ロックバンド「ニルヴァーナ」のフロントマンを務めていました。

現在は亡くなっていますが、ロック活動の成果からオルタナティブ・ロックの歴史の中で最も影響力のあるミュージシャンの一人に選ばれています。

カート・コバーンさんがナルコレプシーだと言われている所以は、さまざまな場面で「自分は眠り病なんだ」と発言していたから。

他にもメディアに露出する際にあえてパジャマ姿で映るなど、ナルコレプシーである自分をアピールしています。

いつ頃に発症したのかは公表されていないため、正確な時期は分かりません。

しかしカート・コバーンさんは少年時代からうつ病を発症、20歳ごろには原因不明の胃痛を伴うように…。

胃痛に対する鎮痛剤の使用により薬物依存症を発症し、ナルコレプシーも併発したと考えられています。

ただし病院で診察を受けた訳ではないので、本当にナルコレプシーだったのかは不明です。

 

有名人もナルコレプシーで苦しんでいた

ナルコレプシーは海外では2,000人に1人、日本では600人に1人発症すると言われています。

芸能界にもナルコレプシーである、ナルコレプシーと疑われている人は多数。

ナルコレプシーは、自身が怠け者ではなく病気であると周囲に理解してもらえるかが重要です。

そのため、あえて自身がナルコレプシーであると公表している芸能人は多くいます。

もし場所を問わず頻繁に居眠りしてしまうならナルコレプシーの可能性もあるので、一度病院で診察してもらいましょう。

 

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断及び行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

  • 記者 WRITERニュース担当

    STERON編集部のニュース担当チームです。
    恋愛やセックス、雑学など男性が気になる世界のニュースを毎日お届けしていきます。

FOR YOUあなたにおすすめの記事